doordoor式♪レベルアップ↑eスポーツ

脳科学・心理学をベースにeスポーツを自己成長のツールにする。ハースストーン。

情報収集のアンテナを整理する

HSReplayでは膨大な量の勝率、使用率、マッチング相性のデータが更新され、 BeerBrickでは日々、レジェンド上位リストが紹介され、 ツイッターには、あのカードは必要か、この局面はどうプレイするかといった投稿が流れる…… eスポーツ、特に私がメインで活動…

奇数偶数が殿堂入りしなかった世界線 ガラクロンドの目覚め編

激闘ドラゴン大決戦では、ハースストーンでは今までなかった拡張のアディショナルカードのようなものがリリースされました。 これによって奇数偶数が殿堂入りしなかったときに、奇数偶数デッキにどのような影響が起こった可能性があるかみてみます。 1.さら…

奇数偶数が殿堂入りしなかった世界線 ドラゴン大決戦リリース編

奇数偶数が殿堂入りしなかった場合のドラゴン年を想像する企画。 最後の拡張、激闘!ドラゴン大決戦に入ります。 1.奇数ガラクロンドの可能性 ドラゴン大決戦で登場し、その強さから現状のメタを考えるときに外せないガラクロンドは全て7マナであります。と…

奇数偶数が殿堂入りしなかった世界線 ワイルドイベント編

昨年は一部のワイルドカードをスタンダードに戻すというイベントがありました。 メタを動かすイベントとしては今までにない類のもので、盛り上がりました。 しかし、ちょうど同じ時期にPCの故障やバトルグランドのリリースといった出来事があり、実はほとん…

奇数偶数が殿堂入りしなかった世界線 探検同盟リリース編

奇数偶数が殿堂入りしなかった場合のドラゴン年を想像する企画。 2つ目の拡張、探検同盟に入ります。 1.偶数ハイランダーの可能性 まずは現実世界のスタンダードでは実現しなかったハイランダー系カードと奇数偶数の組み合わせをみていきます。 偉大なるゼフ…

奇数偶数が殿堂入りしなかった世界線 メカメカ大躍進編

昨年6月ごろに実施されたメカメカ大躍進はハースストーン史上初の大規模なバフイベントでした。 beerbrick.com 一部のカードはマナコストの調整が実施されたため、奇数偶数との関連性は気になるところです。 今回は、調整されたカードの中から奇数偶数に与え…

奇数偶数が殿堂入りしなかった世界線 悪党同盟リリース編

奇数偶数が殿堂入りしなかった場合のドラゴン年を想像する企画。 ひとつめの拡張、悪党同盟リリース直後の環境を想像してみます。 1.痛すぎる菌術師のスタン落ち 悪党同盟環境の奇数偶数デッキを想像するにあたり、すぐに感じたのは菌術師が入れられないこと…

奇数偶数が殿堂入りしなかった世界線 序章

Introduction To : Dean Ayala From : ??? 送信日時 : 2020/3/29 受信日時 : 2019/1/1 本文 : Do NOT move odd and even to Hall of Fame. (奇数偶数を殿堂入りさせるな) 新拡張のストーリーが1年単位で展開されたり、カードの強化が実施されたりと例年と違…

初心者&復帰者向けデッキのおすすめ度まとめ

新規&休眠プレイヤーへ配布されるデッキのリストが公開されました。 今回は各デッキについて、初心者および復帰者のそれぞれにどの程度おすすめできるかをまとめました。4段階評価で★をつけました。 (doordoorの個人的な意見なのでご了承願います。) beerbr…

フェニックス年の沈黙事情を考察

新拡張のカードが続々と発表されている中ですが、殿堂入りカードのなかでもう一枚まとめ記事を書いてみたかったものがあったのでそれについて記します。 前回リロイ・ジェンキンスについて書いた記事はこちらから↓ www.doordoorgame.com 殿堂入りカードにつ…