doordoor式♪レベルアップ↑eスポーツ

ハースストーンについての考察ネタなど

【降魔の狩人環境】トーテムシャーマンをやってみる♪

HSReplayで突然Tierランキングを駆け上ったトーテムシャーマンというデッキについて。 メタ的な立ち位置としては、デーモンハンターにやや不利でそれ以外には互角以上といったところです。 ナーフの影響を受けてデーモンハンターが統計的にも体感的にも減っ…

eスポーツの練習試合はどの時間帯にやるとよいか?

eスポーツの活動としてゲームをしているとどうしてもプレイ時間が長くなってくるものです。 しかし、それだと健康に悪いので適度に休憩をとっていきたいものですね。 しかも、私が以前読んだ「神・時間術」という本によると、どうやら脳科学的にゲームやスマ…

【降魔の狩人環境】秘策ハイランダーローグをやってみる♪

新拡張、灰に舞う降魔の狩人では、久々にローグに秘策が追加されたことが注目点のひとつです。 ローグの秘策は、コボルトと秘宝の迷宮で登場するも特段に目立った活躍をすることなくスタン落ちしました。 (クエストローグなどで雲隠れが使われていたような気…

【降魔の狩人環境】スペルドルイドをやってみる♪(2020/5/29更新)

ツイッターを見ていたらどうやらスペルドルイドがヤバいみたいな話を聞いたので遊んでみました。 ケルサスによるコスト踏み倒しがすさまじいデッキです。 最新の動向&注目カード ※2020/5/29追記 5月に適用されたバランス調整以降スペルドルイドの勝率ランク…

【降魔の狩人環境】ガラクロンドウォーロックをやってみる♪

色々物議があったデーモンハンターのナーフから1日経過しました。 ナーフ後環境のTier1が何になるか気にしていましたが、HSReplayのClass Winrate1位はウォーロックとなりました。 今回はガラクロンドウォーロックについてまとめてみます。 ・動画はこちら …

情報収集のアンテナを整理する

HSReplayでは膨大な量の勝率、使用率、マッチング相性のデータが更新され、 BeerBrickでは日々、レジェンド上位リストが紹介され、 ツイッターには、あのカードは必要か、この局面はどうプレイするかといった投稿が流れる…… eスポーツ、特に私がメインで活動…

奇数偶数が殿堂入りしなかった世界線 ガラクロンドの目覚め編

激闘ドラゴン大決戦では、ハースストーンでは今までなかった拡張のアディショナルカードのようなものがリリースされました。 これによって奇数偶数が殿堂入りしなかったときに、奇数偶数デッキにどのような影響が起こった可能性があるかみてみます。 1.さら…

奇数偶数が殿堂入りしなかった世界線 ドラゴン大決戦リリース編

奇数偶数が殿堂入りしなかった場合のドラゴン年を想像する企画。 最後の拡張、激闘!ドラゴン大決戦に入ります。 1.奇数ガラクロンドの可能性 ドラゴン大決戦で登場し、その強さから現状のメタを考えるときに外せないガラクロンドは全て7マナであります。と…

奇数偶数が殿堂入りしなかった世界線 ワイルドイベント編

昨年は一部のワイルドカードをスタンダードに戻すというイベントがありました。 メタを動かすイベントとしては今までにない類のもので、盛り上がりました。 しかし、ちょうど同じ時期にPCの故障やバトルグランドのリリースといった出来事があり、実はほとん…

奇数偶数が殿堂入りしなかった世界線 探検同盟リリース編

奇数偶数が殿堂入りしなかった場合のドラゴン年を想像する企画。 2つ目の拡張、探検同盟に入ります。 1.偶数ハイランダーの可能性 まずは現実世界のスタンダードでは実現しなかったハイランダー系カードと奇数偶数の組み合わせをみていきます。 偉大なるゼフ…

奇数偶数が殿堂入りしなかった世界線 メカメカ大躍進編

昨年6月ごろに実施されたメカメカ大躍進はハースストーン史上初の大規模なバフイベントでした。 beerbrick.com 一部のカードはマナコストの調整が実施されたため、奇数偶数との関連性は気になるところです。 今回は、調整されたカードの中から奇数偶数に与え…

奇数偶数が殿堂入りしなかった世界線 悪党同盟リリース編

奇数偶数が殿堂入りしなかった場合のドラゴン年を想像する企画。 ひとつめの拡張、悪党同盟リリース直後の環境を想像してみます。 1.痛すぎる菌術師のスタン落ち 悪党同盟環境の奇数偶数デッキを想像するにあたり、すぐに感じたのは菌術師が入れられないこと…

奇数偶数が殿堂入りしなかった世界線 序章

Introduction To : Dean Ayala From : ??? 送信日時 : 2020/3/29 受信日時 : 2019/1/1 本文 : Do NOT move odd and even to Hall of Fame. (奇数偶数を殿堂入りさせるな) 新拡張のストーリーが1年単位で展開されたり、カードの強化が実施されたりと例年と違…

初心者&復帰者向けデッキのおすすめ度まとめ

新規&休眠プレイヤーへ配布されるデッキのリストが公開されました。 今回は各デッキについて、初心者および復帰者のそれぞれにどの程度おすすめできるかをまとめました。4段階評価で★をつけました。 (doordoorの個人的な意見なのでご了承願います。) beerbr…

フェニックス年の沈黙事情を考察

新拡張のカードが続々と発表されている中ですが、殿堂入りカードのなかでもう一枚まとめ記事を書いてみたかったものがあったのでそれについて記します。 前回リロイ・ジェンキンスについて書いた記事はこちらから↓ www.doordoorgame.com 殿堂入りカードにつ…

フェニックス年のアグロ事情を考察

いよいよフェニックス年の概要が公開されました。 ランク戦の大幅改変、新クラス「デーモンハンター」追加などなどハースストーン2.0と評された通りの内容でした。 そして、今回は新たに栄誉の殿堂入りするカードも発表されました。 その中で個人的に一番着…

血祭の思い出

ワタリガラス年の効果キーワードを一つずつ振り返る企画。 最後は血祭です。 正直、木霊や超電磁と比べると話題になることが少なかった印象ですが…… まともに環境入りしてたのってエサつきの矢くらい? 木霊、超電磁についてはこちらから(↓) www.doordoorgam…

超電磁の思い出

ワタリガラス年の効果キーワードを振り返る企画の2日目です。 昨日投稿した木霊についてはこちらから(↓) www.doordoorgame.com ワタリガラス年の効果キーワードで最も広く使われたのは超電磁だったような気がします。(ただ活躍しだしたのはドラゴン年に入っ…

木霊の思い出

ワタリガラス年の効果キーワードを一つずつ振り返ってみるという企画です。 1日目は木霊です。 3日目はタイトルが物騒になります笑 チョッキンガー 一番使用頻度の高い木霊カードだったのではないかと思います。 チョッキンガーは昨年6月のメカメカ大躍進と…

ヒーローカードにはなぜ装甲がついているのか?

ヒーローカードの装甲…… ときにその装甲によって助けられたり、逆にリーサルにとどかなくなってしまったり…… 勝利が先延ばしにされるというのはあまりいい出来事ではないので、どちらかというと嫌な印象持っている人が多いのではと想像しています。 なぜ、ヒ…

doordoor式♪スタン落ち予定レジェンドの還元レポート

そろそろスタン落ちを意識するころではないでしょうか。 そんなおり、doordoorは魔素枯渇に悩んでおりました。 「時期が中途半端だからなんとなく新しいパックを買うのもな~」ということで、4月にスタン落ちするカードの中で残りのスタンダード期間とワイル…

ブログ開設1周年企画プレゼント&アンケート企画結果

doordoorブログ開設1周年記念プレゼント企画への応募ありがとうございました。 抽選結果をもとに当選した3名にDMをお送りしました。 ここではアンケート結果についてまとめてみます。 人数が15人ほどなので統計的な話はしないでくださいw Q1.最高ランクはい…

ワイルドのすゝめ

ハースストーンを始めてから早くも3年くらいたちますが、一度もワイルドフォーマットに触れたことがありませんでした。 昨年秋ごろからワイルドを始めてランク5までプレイしたのが楽しかったので、今回の記事を書きました。 ワイルド未プレイの人へワイルド…

ゲーミングPCが高いと感じたら

こんにちは。 私は普段「ハースストーン」というカードゲームに関するブログ記事などの投稿活動をしています。 以前ツイッターでこんな書き込みを見かけました。 「日本で主要eスポーツタイトルのPCゲームが流行らないのは若い世代がハイエンドなゲーミングP…

eスポーツから「フラリッシュ」という感覚を得て幸福度を高める方法

こんにちは。doordoorです。 私は普段、ハースストーンというカードゲームに関するブログ投稿活動をしています。 今回は、メンタリストのDaiGo氏の「他人の言いなりになる人生からの脱出法」という動画が面白かったので紹介します。 こちらの動画をざっくり…

断末魔ローグの厄介さってキューブロックと似てないか?

大決戦環境2回目のバランス調整でターゲットとなった断末魔ローグ。 ネクリウムの薬師のナーフにより断末魔ローグは勝率を大きく落としたようです。 しかし、HSReplayの統計上はクエストドルイドや聖なる怒りパラディンなど一部 のデッキに有利がついていま…

doordoorがGoogle砲をあてた記事

ブログ活動をするなら押さえておきたい「Google砲」という言葉。 Google Chromeのスマホアプリのおすすめに表示されることを言います。 普段の私のブログのアクセス数は数十~百/day程度ですが、Google砲がきまると数千/dayのアクセスが入ります。 これまで…

ガラシャーナーフを横目に過去にナーフされまくった"あの"クラスについて思いを馳せてみる

ガラクロンドシャーマンのコアカードに2度目のバランス調整が入りました。 一つのアーキタイプに対するナーフの枚数が多いということで話題になりました。 で、ふとそういえば過去に強すぎてナーフされまくったクラスがあったよなぁ…… と思い出したので、今…

ゲーム規制案について思うこと~~依存を防ぐには規制より日々が充実していること

今ツイッターで反響をよんでいる香川県の小中高生に対するゲーム・ネット規制について、私の考えを記します。 まず、私のネット依存にかかわる経験談を述べてから、この規制案に関する思いをまとめます。 大学生、私は仲間内でのツイッターにはまった 社会人…

無貌って変換できない人へ ~単語登録のすすめ~

ナーフされても使われつづけている無貌の変性者。ハースストーンの世界には「無貌のもの」という種族がいて、「無貌の~」というカード名のミニオンがたまに登場します。(種族 - ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC) ということで、みなさんもツイ…