doordoor式♪レベルアップ↑eスポーツ

ハースストーンについての考察ネタなど

【蓮華紋×人身御供】第4章 ミニオンを破壊するマナコスト

f:id:doordoor-hs:20190331112417j:plain


第3章では蓮華紋と人身御供の効果のひとつである「バフ」について書きました。

今回は人身御供が持つもうひとつの効果「味方のミニオンを破壊」について書いていきます。

 

まずは、味方のミニオンに限定せずに、「破壊」という効果のコストをみていきます。

 

<例1>

暗殺

(5マナ 呪文 敵のミニオン1体を破壊する。)

 

暗殺はミニオンを破壊するという効果の最も標準的なカードだと思います。

(敵の)ミニオンを破壊する効果は5マナ相当と考えます。

 

<例2>

魂抽出

(6マナ 呪文 ミニオン1体を破壊する。自分のヒーローの体力を3回復する。)

 

「回復力」というカードを参照すると、3点の回復は1マナ相当の効果なので以下の式があてはまります。

マナコスト6=5マナ相当の効果(ミニオン破壊)+1マナ相当の効果(3点回復)

 

魂抽出からもやはり(敵の)ミニオン破壊が5マナ相当であると導けます。

 

 

それでは、ウォーロックのクラスカードにたまにみられる味方のミニオンに対象を限定される破壊はどうでしょうか。

 

<例3>

鮮赤の上戸

(1マナ 1/1 雄叫び:味方のミニオン1体を破壊し+2/+2を獲得する。)

 

第1章の「マナコスト=スタッツ-デメリット」を参照します。

雄叫びが発動すると鮮赤の上戸のスタッツは3マナ相当になります。

 

マナコスト13マナ相当のスタッツ-デメリット

と計算すると味方のミニオン破壊のデメリットは2マナ相当になります。

 

<例4>

大食のプテロダックス

 (4マナ 4/4 雄叫び:味方のミニオン1体を 破壊し、2回適応する)

 

パラディンの1マナ呪文に「適応」というのがあるため、2回適応を2マナ相当の効果とします。

 

マナコスト44マナ相当のスタッツ+2マナ相当の効果(2回適応)-デメリット

と計算すると、やはり味方のミニオン破壊は2マナ相当のデメリットとなります。

 


 

では人身御供は蓮華紋よりも2マナ分、バフの対象ミニオンを増やさないと損?

これだけで評価すると人身御供はかなり弱そうですが……

 


 

 INDEX