doordoor式♪レベルアップ↑eスポーツ

脳科学・心理学をベースにeスポーツを自己成長のツールにする。ハースストーン。

【蓮華紋×人身御供】第5章 キューブロックにみる破壊シナジー

f:id:doordoor-hs:20190331112537j:plain

これまでの章で基本的な効果について、その特徴とコストデザインを記してきました。

 

基本的な効果については概ね、考察が完了したと考えているので、今回は応用的な考察をしていきます。

 

人身御供の考察をするにあたって、真っ先に思いついたデッキがキューブロックでした。

 

キューブロックの主な戦略は以下の通りです。

・憑りつかれた従者の断末魔でドゥームガードやヴォイドロードという高コストの悪魔をコスト踏み倒し召喚する。

・肉食キューブでヴォイドロードを増やして盤面制圧、もしくはドゥームガードを増やしてコンボリーサルを狙う。

 

断末魔……第2章で断末魔は任意のタイミングで発動できない点がデメリットであると述べましたね。

 

ここで暗黒の契約というカードがでてきます。

 

キューブロックにおける暗黒の契約の強さは高い回復力よりも、低コストでミニオンを破壊できる点だと思います。

 

味方のミニオンを破壊するという効果がデメリット扱いであるため、暗黒の契約は低コストになっていますが、これを逆手にとって断末魔ミニオンを任意のタイミングで破壊することを可能にしています。

 

暗黒の契約はアグロ相手の場合は回復手段としても有力でしたが、回復と破壊の効果をもつ呪文だからといって、「魂抽出」を暗黒の契約の替わりとして採用することはできないのです。

 

魂抽出では、肉食キューブでドゥームガードを破壊したターン中にすぐに肉食キューブを破壊できません。

 

そのまま、相手にターンをわたせば、沈黙をかけられてしまうかもしれません。

(第2章でふれた断末魔の大きなデメリットがきいています。)

 

キューブロックは断末魔のデメリットと暗黒の契約のデメリットをうまく打ち消すような戦略といえます。

 

後半はキューブロックにおけるもう一つのマナコスト踏み倒しギミックにふれていきます。キーカードは憑りつかれた従者

 

憑りつかれた従者のデメリットは、デッキからランダムな悪魔を招集するため、弱い悪魔が出てくる可能性があるという点です。

 

これを回避するために、キューブロックでは、悪魔の採用をドゥームガードとヴォイドロードという高コストで強力なものに絞っています

 

憑りつかれた従者のマナコストを分析すると、

 

マナコスト6=2マナ相当のスタッツ+招集効果

 

であるため、5マナ以上のミニオンを招集できればコスト踏み倒しに成功します。

 

キューブロックは憑りつかれた従者が必ずマナコスト踏み倒しになるような構築になっているのです。

 


 

次回、最終章では、これまで記してきた、効果のコストデザインとマナコスト踏み倒し戦術を総括し、蓮華紋と人身御供の差をまとめていきます。

 


 

 INDEX