イベント中止でも見ごたえありの赤城南面千本桜

3月最後の週末、関東は「春の嵐」なんて呼ばれた悪天候になってしまいましたね。

 

桜は散ってしまうかも、なんてことを予報で言っていて「それは困る」と慌てたものでした。

 

雨が上がったら群馬県有数の桜の名所へ足を運ぶ予定だったので……。

 

ということで今回は、赤城南面千本桜を紹介します。

 


 

場所はこちら。

群馬県の東にそびえる、上毛三山のひとつである赤城山の南側の地域にあります。

www.google.co.jp

 

1,000本以上の桜並木が連なる公園となっています。

赤城南面千本桜を群馬県1位の桜の名所として紹介しているサイトもあります。

(参考:群馬県の人気お花見スポットランキング 2021 - 日本気象協会 tenki.jp)

 

例年なら赤城南面千本桜まつりが開催され、桜のライトアップなどが企画されているそうですが、今年は中止となりました。

(参考:赤城南面千本桜まつり【令和3年度は中止となりました】|イベント | 前橋の観光・旅行情報サイト 「前橋まるごとガイド」)

 

例年通りのお花見とはいきませんが、それでも赤城南面千本桜の景観は素晴らしいものでした。

 

 

 


 

今回、赤城南面千本桜で特に撮ってみたかった写真があるのですよ。

 

一面の菜の花の奥に桜が咲いている情景です。

先にリンクを記載したGoogole Mapや桜の名所の紹介サイトにも、その様子が写真に載っていますね。

 

ところが、公園内をいくら歩いても菜の花が咲いている場所がないんですよ。

 

おかしいとおもいつつ、インスタグラムなどでよくよく調べてみると今年は菜の花の植栽を行っていないとのこと。

人込みが発生しないようにということなんでしょうね……。

 

というわけで、例年ならこの写真の土がむき出しになっている部分に一面菜の花が広がっているらしいです。

f:id:doordoor-hs:20210401093659j:plain

 

さらに撮影した日、当初では晴れと聞いていたのですが、徐々に曇りの予報に変わってしまい、当日は完全に曇天でした。

 

青空の下で桜を撮影することも失敗してしまいました……。

来年ならライトアップや菜の花の植栽も復活しているだろうと、期待をかけて次のシーズに再チャレンジしようかと思います。

f:id:doordoor-hs:20210401094411j:plain

 

私が訪れた3月30日時点で満開の状態でした。

見ごろは4月中旬までとのことでしたので、お早めに。

 


 

イベントは中止となってしまいましたが、それでも公園内は多くの人が訪れていました。

さすがは県内有数の桜の名所だなといったところです。

(人が多いところではマスク着用などを意識するようにしましょう。)