3月の赤城山大沼の様子

f:id:doordoor-hs:20210324144106j:plain

群馬県の上毛三山のひとつに名を連ねる赤城山―。

その山頂には火山活動によってできた窪地に水がたまりできたカルデラ湖があります。

 

大沼というこの湖の春先の様子がどんなものか、撮影してきました。

 

f:id:doordoor-hs:20210324153304p:plain

ー積雪状況ー

インスタグラムをみていると最近の投稿でも赤城山に雪が積もっている写真をみかけまして、はたして訪問するのに大丈夫か?と不安を抱いていました。

 

ただまぁ、さすがに3月末なので主要な道路などはもう雪はありませんでした。

 

日陰に雪の残りがあったり、除雪のときに積んだとみられる雪がある感じでした。

 

先に述べた積雪の写真は登山道の奥とかですかね。もしくは撮影時期が少し前とか……。

 

いずれにせよ私が見てきたのは大沼近郊の車で行ける場所までですので、ご了承ください。

f:id:doordoor-hs:20210324142122j:plain

 

 

 

ー啄木鳥橋(赤城神社)通行止めー

大沼の湖上に朱色の橋が浮かぶ景観がみどころの赤城神社の啄木鳥橋。

赤城神社は過去に地上波テレビ番組でも紹介されたことがあるとのことです。

 

しかし、啄木鳥橋は老朽化が進んでいるとのことで、通行止めとなっています。

2021年3月23日にこの写真を撮影したときは、まだ通行止めの状態でした。

 

のちに撤去されるとのことで非常に残念です。

f:id:doordoor-hs:20210324142726j:plain
▲現在啄木鳥橋は柵が設置されており、立ち入り禁止となっています。この写真は柵の手前から撮影しています。危険ですので立ち入らないように。

 

ー夕時の大沼ー

この日は雲一つない快晴に恵まれました。

夕景と晴れ空のなかで映える大沼の写真が撮影できたので満足でした。

f:id:doordoor-hs:20210324145943j:plain

 

平野はもうあたたかくて春間近という感じですが、さすがに山の上で夕方の時間になると寒かったですね。

 

予想よりも枯れ枝が多く、これらが深緑の葉をつけて、良い山の風景が撮れるようになるのを楽しみに待つことにします。