赤城神社~赤城山への信仰の歴史を学びながら行く~

赤城山の付近には、赤城神社がいくつかあります。

地元住民から親しまれている赤城山の名をもつ神社について記してみます。

注:筆者は神道や宗教に関する専門知識があるわけではありません。記事の内容には誤りがないように留意していますが、ご了承お願いします。参考ページを記載するようにしたので、そちらも合わせて読んで頂けたらと思います。

 

1. 赤城神社、赤城山信仰とは

1.1. 赤城神社で祀られている赤城山と湖の神、赤城大明神

赤城神社には主祭神として、赤城山と湖の神「赤城大明神」が祀られています。

赤城山は群馬県の東部に位置し、上毛三山のひとつとして親しまれています。

赤城山に対する信仰は、山岳信仰の一種といえそうです。

こちら(赤城神社 由緒)のページには赤城神社の由緒が記されています。

これによると、赤城山の存在感の大きさや四季の美しい風景が、人々に信仰心をもたらしたとされています。

Tips_主祭神

神社に祀られている神様を祭神(さいじん)といいます。

一般的にひとつの神社に複数の神様が祀られることが多いが、最も中心的な存在となる神様を主祭神といいます。

参考:祭神とは - コトバンク

 

赤城山に祀られている神様は、こちらのページで紹介されています。

相殿神は主祭神以外の神様のことです。

参考:赤城神社 御祭神

 

1.2. 赤城神社の歴史と伝説がまとめられているページ(外部サイト)

 

2. 県内各所、さらには全国に分社がある赤城神社

赤城神社は赤城山周辺のみならず、群馬県内さらには全国に分社があります。

こちらのページでは、全国の赤城神社がまとめられています。

参考:赤城神社 - Wikipedia

注:Wikipediaはだれでも編集できるという特性上、内容の信ぴょう性に注意していください。

 

県外の赤城神社を参拝するなら、東京都神楽坂の赤城神社が多くの人にとって行きやすいのではないかと思います。

さすがに都内ということもあり、サイトに掲載されている写真をみると、大変多くの人で賑わっている様子が見られます。

 

3. 注目してほしい赤城神社3か所

前章では、赤城山に多くの分社があることにふれました。

この章では、そのなかでも観光地として特に注目してほしいと感じた3ヶ所の赤城神社を紹介します。

 

3.1. 富士見町の赤城神社

3.1.1. 大沼湖畔に朱色の橋が映える

赤城神社のなかで特に有名な観光地としては、赤城山頂の大沼のそばにある赤城神社ではないかなと思います。

個人的には啄木鳥橋がフォトスポットとしておすすめです。 

大沼の湖上に朱色の橋がかかる様子が好きでした。

注:啄木鳥橋は現在、老朽化などの影響から封鎖されています。

▼夕景を背後に撮影した啄木鳥橋(撮影:21/3/23)

f:id:doordoor-hs:20210820152428j:plain

 

前橋市の公式YouTubeチャンネルでは、冬季に赤城神社を空撮した動画が投稿されていました。

雪の白の景色の中に朱色が際立っていて良いかなと思いました。

 

3.1.2. 富士見町の赤城神社の場所、アクセス

赤城山頂にある富士見町の赤城神社の場所については、下記の地図を参照してください。

 

3.2. 三夜沢の赤城神社

3.2.1. 桜やつつじの季節に行きたい

赤城山頂の赤城神社の他に三夜沢町の赤城神社にも訪れたことがあります。

私が行ったことがある赤城神社はこの2か所です。

こちらは4月下旬から5月上旬にかけて咲くヤマツツジの名所として有名です。

参考:赤城神社(三夜沢町)参道松並木|観光・体験 | 前橋の観光・旅行情報サイト 「前橋まるごとガイド」

 

また、桜の名所として有名な「赤城南面千本桜」の近くであり、桜の季節も見どころかと思います。

▼神社の境内と桜の組み合わせがいいかなと思いました。(撮影:21/3/30)

f:id:doordoor-hs:20210820155016j:plain

 

3.2.2. 三夜沢の赤城神社の場所、アクセス

三夜沢の赤城神社の場所については、こちらの地図を参照してください。

車で行く場合は、赤城山の南麓地域を東西に横断する国道353号線を進み、「大胡赤城線」ともよばれている県道16号線を赤城山頂方面に進む行き方が良いかと思います。

 

3.3. 渋川市津久田の赤城神社

3.3.1. 高校生が天井絵を書く

渋川市津久田の赤城神社では、渋川市の高校生が天井絵を描いたことがニュースになりました。

改修にともない、市内の高校の美術部が制作したとのことです。

このニュースに関しては、その後に天井絵がどうなったかという報道が見当たらないのですが、夏休み終了後に収める予定とあるので、計画通りであればもう見ることができそうです。

 

3.3.2. 渋川市津久田の赤城神社の場所、アクセス

天井絵が納められる赤城神社の場所は下記の地図を参照してください。

赤城山の西側の麓にあたる地域ですね。

当ブログでは、地理的な都合で赤城山の南麓地域はよくとりあげるのですが、この西側はあまり訪れることがないため詳しくありませんでした。

赤城神社と名がつく神社が複数あることは以前から知っていたのですが、渋川市内にもあるのですね。

 

◆私の活動について
群馬県をeスポーツの聖地にしようという動きがあるらしい。

それなら、群馬の魅力eスポーツの魅力ともに発信する活動ができないものか。

そこでこれを実現すべく、各種SNS等を通じて投稿活動をしています。

 

Twitterでは群馬の写真や観光情報、イベント情報、グルメ情報などを投稿。

Instagramでは群馬の写真や観光に出かけた様子を投稿。

ブログではTwitterやInstagramでは記載しきれない撮影の様子、撮影地の紹介、eスポーツに関して思ったことなどを記事にして投稿。

YouTubeではデジタルカードゲーム「ハースストーン」をテーマに動画投稿&配信活動中。