群馬で撮影したスマホ用壁紙向け写真_第2弾

私のインスタグラムでは、主に群馬の風景写真を投稿しています。
※私のインスタグラムはこちら

ただ、ふつうに風景写真を投稿しているだけだと、ややオリジナリティに欠ける感じがあったので、たまにスマホ用壁紙画像への加工を考えています。

今回は群馬で撮影した風景写真からつくったスマホ壁紙用画像の第2弾として投稿します。

 

▼前回の投稿はこちら

www.doordoorgame.com

 

赤城山、大沼の夕景

f:id:doordoor-hs:20210726140803j:plain
f:id:doordoor-hs:20210726140816p:plain

赤城山の大沼には何度も訪れていますが、そのたびに気に入った風景写真を撮らせてくれます。

前回も大沼の夕景を撮影した画像を掲載しましたが、そちらは雲一つない夕景でしたね。

今回は厚い雲の隙間から夕陽が姿を見せる様子がダイナミックに感じました。

実際に雲の流れが速くて、時々刻々と変化する景色の中で撮ることができた写真です。

すこし時間がたったら空一面が雲に覆われてしまったという状況でした。

もう少し粘ったらいい写真が撮れそうかなという雰囲気と雨が降りそうだからやめとこうと感じさせる空模様のはざまでした。

 

覚満淵を見下ろして

f:id:doordoor-hs:20210726140903j:plain
f:id:doordoor-hs:20210726140915p:plain

赤城山の覚満淵は、自然を題材にした風景写真を撮影するのにおすすめしたい場所です。

特に朝霧につつまれる時間帯の覚満淵は幻想的な風景が広がり、その絶景写真はインスタグラムで大きな反響をよぶこともあるようでした。(筆者は朝の覚満淵に行ったことがないのですが……)

もちろん、日中に訪れても遊歩道の散策などで十分楽しめると思います。

(覚満淵の紹介記事はこちら→秘境的湿原、赤城覚満淵を歩く - 群馬とeスポーツのブログ)

 

この写真の覚満淵を見下ろすような構図は、赤城山頂記念館の近くから撮影できます。

赤城山頂記念館もいいところなので、立ち寄ってみて欲しいです。

www.doordoorgame.com

 

多々良沼

f:id:doordoor-hs:20210726140948j:plain
f:id:doordoor-hs:20210726140956p:plain

多々良沼は館林市と邑楽町にまたがる沼です。

多々良沼公園として整備されています。

1周するのに5km以上あるというこの公園は場所ごとに様々な風景があり、写真撮影にはいいですね。
冬になると越冬のために白鳥が飛来するとのこと。

時期がきたらその景色も見に行ってみたいと思っています。

町の中にある沼ですが、それを感じさせない雄大さがありますね。