doordoor式♪レベルアップ↑eスポーツ

ハースストーンについての考察ネタなど

【序章】蓮華紋と人身御供の差からみるマナコストデザインの話(全6回)

 

f:id:doordoor-hs:20190331111648j:plain



ブドゥ祭のカード発表において多くの人の頭に?が浮かんだカードが一枚あったのではないでしょうか?

 

それが人身御供というカード。

 

ハースストーンを最近始めた方にはなじみが薄いかもしれませんが、ワイルドには蓮華紋というカードがあります。

効果については冒頭のサムネ画像をみてください。

 

コストは同じなのに人身御供は味方のミニオン破壊というデメリット要素をもっています。

 

「やっぱりドルイドストーンですか?」
「なんで劣化版?」

と思った人は少なくないはずです。

 

そこで、この2枚のカードを題材にした考察記事を書いてみたいと思いました。

 

『あるコストのカードはどれくらいの働きをするのが妥当なのか。』

上記に関して考察を記し、ハースストーンにおけるマナコストデザインの指針を明らかにすることを目標とします。

 

「マナコストデザインって、それはカード開発をする運営陣が把握していればいいのでは?」という考えもありそうかなと思いました。

 

しかし、マナコストデザインを正しく把握することは、ハースストーンを競技的に取り組みたいプレイヤーにとって以下のような場面で役立つと考えます。

 

1.発見などで各カードの働きを正しく評価できる。
2.相手がランダム召喚などで未知のミニオンを召喚したとき、トレードしたほうがよいか、無視した方がよいかを正しく判断できる。

 

このように考えると、人身御供というカードを単に劣化版蓮華紋とスルーしてしまうのはもったいないかなと感じ、このブログ記事を書きました。

 

今回の考察記事は全6回で以下の構成ですすめていきます。

 

第1章 標準スタッツとマナコスト
第2章 雄叫びと断末魔のマナコスト
第3章 ミニオンをバフするマナコスト
第4章 ミニオンを破壊するマナコスト
第5章 キューブロックにみる破壊シナジー
第6章 蓮華紋と人身御供の差とは?

 

けっこう長文になったので、「書いたけどPV数が伸びなかった」となると少々悲しいところ……

 

というわけで、賛同してくれる方がいましたら、関連ツイートのリツイートなどをしていただけるとモチベーションアップにつながるのでぜひお願いします。

 


 

 INDEX