久々に天気がいいので、道の駅ぐりーんフラワー牧場・大胡へ行ってみる。

以前、赤城山に撮影に行ったときの道中、大きな風車が目に入り、とても印象的でした。 

それが道の駅のシンボルと知ったので、今回はその「道の駅ぐりーんふらわー牧場・大胡」について記してみます。

 

場所・アクセス

赤城山の南麗を走る国道353号線ぞいにあります。

この牧場のシンボル的存在の風車は県道からでも見えるので、これを目印にしてもいいかもしれません。

 

家族連れに人気、こどもたちがのびのび遊べるスポット

今回私が撮影に来たのは日曜日だったので、以前平日に来たときよりも来訪客が多かったです。 

特に小さい子どもを連れた家族連れが多い印象でした。

大きな広場でバドミントンを楽しむ人がいたり、子ども向けの遊具が設置されていたりと体を動かすにはいいのかもしれません。

後ほど紹介しますが、牧場で飼育されているポニーなどの動物たちとの触れ合いが楽しめるのも子どもに人気の要素のようです。

動物園などだと入場料がかかることが多いですが、ここでは入場料なしでこのような体験ができるところはうれしいですね。

(この記事の最後に紹介している観光雑誌ではぐりーんふらわー牧場を「0円スポット」としておすすめされていました。)

 


 


 

牧場のシンボル・オランダ型風車

f:id:doordoor-hs:20210524171022j:plain


f:id:doordoor-hs:20210524155755j:plain

道の駅大胡を訪れて、最初に目を引くのはここのシンボル的存在の風車だと思います。

高さが22メートルもあるそうです。

 

f:id:doordoor-hs:20210524155824j:plain

また、夜間は風車のライトアップが行われます。

時間は日没から夜9時までとのことです。

(参考→ソーラーエコ大胡ぐりーんふらわー牧場/前橋市)

 

ちなみに冒頭で印象的だったと書いたのは、このライトアップされた風車を移動中に見たことです。

車で走っていると、夜の闇の中から突然、光が浮かび上がってくるようなんですね。

 

牧場の動物たちに囲われて

特に人が集まっていて人気があるのを感じたのは動物達が飼育されているエリア。

 

案内板には以下の動物たちが飼育されていると記されていました。

  • やぎ
  • しか
  • とり (にわとり)
  • うさぎ
  • ひつじ
  • ポニー
  • うし

 

売店で餌やり体験用の野菜が購入できるようです。これも子どもたちに人気のようでした。

f:id:doordoor-hs:20210525140921j:plain

 ▲フラッシュを使わない、シャッター音で驚かせないといった配慮のもとで撮影しています。動物たちにストレスを与えないようにふれあいましょう。(参考→身近な動物を撮ってみよう!撮影のポイントや注意点、マナーについて解説します! - studio9)

 


 

道の駅ぐりーんふらわー牧場・大胡は、こちらの「おでかけ群馬2020-2021」に「0円スポット」特集にて紹介されています。

こちらの本は、 グルメ系から絶景系まで群馬県内の観光スポットが数多く詳細に記されています。

自分もでかける予定を立てるときに参考にすることが多く、おすすめなのでぜひチェックしてみてください。

おでかけ群馬2020-2021

おでかけ群馬2020-2021

  • 発売日: 2020/03/19
  • メディア: ムック
 

※アフィリエイトリンクになっています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~

◆私の活動について
群馬県をeスポーツの聖地にしようという動きがあるらしい。

それなら、群馬の魅力eスポーツの魅力ともに発信する活動ができないものか。

そこでこれを実現すべく、各種SNS等を通じて投稿活動をしています。

 

Instagramでは群馬の写真や観光に出かけた様子を投稿。

YouTubeではデジタルカードゲーム「ハースストーン」をテーマに動画投稿&配信活動中。

Twitterでは群馬の写真やハースストーンに関して投稿。
ハースストーン関係のTwitterはこちら
写真関係のTwitterはこちら

ブログではTwitterやInstagramでは記載しきれない撮影の様子、撮影地の紹介、eスポーツに関して思ったことなどを記事にして投稿。

 

■以上のコンテンツ制作を事業として独立して行うことを目標としていますが、現状十分な収益がでていません。

そこで、この活動に興味をもっていただいた方から協賛をお願いしたいと思っています。

協賛の募集はnoteのクリエイター支援機能を使わせてもらいます。

↓こちらのリンクからお願いします。

note.com

いずれかの投稿記事を開いて、「気に入ったらサポート」から入金をお願いします。

(サポートの方法→記事をサポートする – noteヘルプセンター)
~~~~~~~~~~~~~~~