真田氏との歴史が深い桜の名所、沼田城址(沼田公園)

以前SNSで、場所は忘れてしまいましたが、とある名城と桜の組み合わせの写真が良かった記憶があります。

 

やはり和風のものと桜の組み合わせは映えますよね。

 

ということで、群馬でそのような光景をみるにはどこに行こうか。

 

いくつか候補があるなかで今回は沼田市の沼田公園(沼田城址)に行ってきました。

 

f:id:doordoor-hs:20210409110218p:plain

 

沼田市は群馬県北部のまちで、上毛三山のひとつ赤城山の北側に位置します。

東京方面から向かう場合は榛名山と赤城山の間を通るようなルートになります。

 

沼田公園のアクセスについて詳細はこちらのサイトをご確認ください。

沼田公園 | 遊ぶ - 観る | 沼田市観光協会

 

群馬県南部の桜はもう散り始めていますが、ここはまだ見ごろが続いています。

今まさに満開といった感じです。

4月中旬くらいまでは見ごろがつづくようです。

 

f:id:doordoor-hs:20210409113028j:plain

 

歴史ある鐘楼と桜

沼田城址では中央の広場にそびえる鐘楼がもっとも目を引くのですがどうでしょうか。

 

先述のとおりですが、桜との組み合わせが映えます。

 

f:id:doordoor-hs:20210409113101j:plain

 

鐘は二代沼田城主真田信吉によりつくられ、鐘楼は明治31年に建てられたとか。

鐘楼の鐘は現在はレプリカだそうですが、鐘楼そのものの桜との相性はいいですね。

 

f:id:doordoor-hs:20210409113328j:plain

 

真田氏とのゆかりが深く園内にはそれを示すパネルが随所に設置されています。

公園の入り口にある観光案内所では、沼田城址の歴史についたパンフレットを入手したり、書籍を購入したりできるので、歴史好きの方はそちらの方面で楽しんでいただくのもおすすめです。

 

 

 

ライトアップのなかでまつりを楽しむ

桜の名所とよばれるところの中には、例年行っているイベントを中止してしまうところも多いようです。

しかし、沼田公園では提灯によるライトアップや各種屋台の出店が行われています。

 

f:id:doordoor-hs:20210409113139j:plain

 

マスク着用などの基本的な感染対策を講じたうえで、楽しんでいただけたらいいなと思います。

 

群馬北部の山々と街並みを見下ろす

公園の北西部には谷川岳をはじめとした群馬県北部に連ねる山々や市街地を見下ろすことができるビューポイントとなっています。

桜以外の見どころとしてここもおすすめです。

 

f:id:doordoor-hs:20210409113213j:plain