群馬県上野村に行ったら道の駅上野でいのぶた鍋定食を食べよう!

先日、群馬県の上野村へ遊びに行くのを決めた理由はふたつ。

ひとつは関東最大級の鍾乳洞といわれている不二洞を見てみたかったこと。

もう一つは、この地域の特産らしい猪豚をつかったグルメが道の駅で安く食べられるという情報を観光雑誌でみつけたこと。

というわけで、以前に不二洞に関する紹介記事を書きましたので、今回は猪豚について書いてみます。

 

猪豚とは―

雄のイノシシと雌の豚を掛け合わせた品種だそうです。

甘さとコクのある脂身と風味豊かな旨味のある赤身が特徴です。

猪豚を育てているのは、和歌山県、淡路島、そして上野村の3か所だけ。

上野村では、年間の出荷数が250頭程度と希少なブランド肉です。

(参考:こだわって 可愛がって 上野村の「猪豚(いのぶた)」 : 【公式】旅する上野村

)

 

"道の駅うえの"の"いのぶた鍋定食"をおすすめしたい

では、希少な特産品である猪豚を食べるならどこがいいでしょうか。

私は道の駅うえのがいいと思っています。

レストランで猪豚料理を食べられるほか、売店でもお土産として猪豚肉を購入できます。

f:id:doordoor-hs:20210329150313j:plain

▲道の駅うえの、木曜が定休とのこと。

 f:id:doordoor-hs:20210325114831j:plain

こちらが"いのぶた鍋定食(¥1,100)"

つゆは上野村でつくられている十石みそがベース。

特産品の鍋がこの値段で食べられるのはお手頃だと思うのですがどうでしょうか。

道の駅グルメならではの"安い"と"うまい"がセットになってます。

 

道の駅うえののレストランでは他にも、ソースカツ丼やコロッケ定食、餃子定食などがあります。

どれも猪豚を使用していますが、揚げたり濃い味付けをしたりしない鍋定食が猪豚を味わうのに一番いいのではないかと思うのです。

 

上野村までいけないけどどうしても猪豚をたべてみたいときは…… 

 東京から2時間で行ける(※)という近さをアピールしているパンフレットもあったのですが、ちょっと気軽に行くには遠いかな~?というのが上野村……

私は群馬県内に住んでいますが、群馬の東よりの地域なので上野村までは車で2時間以上かかりました。

ということでなかなか食べに行きづらい猪豚。

 

ならばお取り寄せはできないものかとAmazonを検索してみました。

どうやら淡路島産の猪豚の取り扱いがあったようです。

代表的な商品のリンクを貼っておきます。

 

注意:以下で紹介している商品は上野村産ではありません。

お知らせ:以下はアフィリエイトリンクになっています。