群馬の魅力とeスポーツの魅力をともに伝える活動を

 こんにちは、"群馬とeスポーツのブログ"の筆者のドアドアです。

 

"群馬"と"eスポーツ"ってなんのつながりがあって、そのふたつの言葉を並べたんだ?って思われそうですね。

 

あとはこのブログはこれまで、ハースストーンというデジタルカードゲームについての話題しか扱ってこなかったので、久々に訪れた方は様相が変わっていて驚かれたりしないかと思っています。

 

そこでここでは、タイトルに書いた活動をしようと思った経緯を記してみます。

 

 

~この活動のルーツ~10代から20代前半の後悔

母がどちらかというインドア派である影響から、あまり出かけたりイベントに参加したりすることがありませんでした。

 

小中高大と不登校ではありませんでしたが、授業以外の部活やサークル活動、文化祭のような行事、友達付き合いなどの活動はあまりしてきませんでした。

 

大学時代は将棋の活動をしていたのですが、実力はたいして伸びませんでした。

結局、「勉強以外になにもしていないと就活で話のネタに困るのではないか(※)」という消極的な動機しかなかったので、モチベーションが高くなかったからでしょう。

 

※いわゆる「ガクチカ=学生時代に力をいれたこと」のことを言っています。

 

こんな感じであまり活発とはいえない生き方を20代半ばまで送ってしまったのですが、最近になってこれを少し後悔しはじめました

これがこの記事のタイトルの活動のルーツになるのですが、順を追って心境の変化を記します。

 

第1章:eスポーツとの出会い

長らく将棋をやってきたのですが、大学卒業のころに急速に将棋への興味を失いました。

 

もともとガクチカのネタのためという感覚が深層意識にあったためか、就活を終えたあたりから将棋への飽きを感じてしまいました。

 

今までとは違うことをはじめようと思い立った時に目に入ったのが、eスポーツでした。

 

中途半端だったとはいえ、長年やってきた将棋から得たことが活かせることをしたいなと思っていて、ちょうどいいと感じたのが頭脳系の対戦ゲームであるデジタルカードゲーム「ハースストーン」でした。

 

第2章:外へ出よう~心境の変化~

そんな感じで20代はじめから半ばまでは、ハースストーンをメインの趣味としてすごしてきました。

あとはハースストーンに関するブログ活動を主にしてきました。

 

これについては、高ランクに到達したときにたくさんの"いいね"をもらったり、ブログに共感の言葉をもらったりと楽しい時間でした。

 

しかし、こういった趣味だと家の外にでることはあまりなく、かつ学生時代の友人と疎遠になったため、家と会社の往復みたいな生活になりました。(おそらくふつうの人以上に)

 

それ自体は特になんとも思っていなかったはずですが、ふとしたときに同世代の他の人は結婚していたり、旅行をしていたり、仕事で何かを達成していたりともっとアクティブに生きていることに気づきました。

 

そして、自分が今までアクティブにしてこなかったのは、親がインドア派であるなどの環境によるものが大きいと思っていましたが、それにも疑問を感じました。

 

もう学生ではないのだから、金銭面や行動力などの自由度は今がもっとも高いはずです。

それなのに活動の幅が同世代の他の人より極端にせまく感じるのは、結局自分で狭めているにすぎないのではないかと気づいたのです。

 

世の中には、楽しくて素晴らしいものがたくさんあるのに、それを目にしてこなかったのはもったいなかったのではないかと思うようになりました。

 

そして次項で記す出来事をきっかけにもっと外へ出ようという心境に変わりました。

 

第3章:群馬をeスポーツの聖地にしようとする動きがあるらしいと知って

ある日、手に取ったフリーペーパーの広告に興味をひいた記事がありました。

 

それは群馬県を拠点にeスポーツに関わる事業展開をする法人の広告でした。

特に面白いと思ったのは「群馬をeスポーツの聖地に」という内容でした。

 

ただ、同時に「どうやって?」という疑問も浮かびました。

 

eスポーツはある意味で「どこでもできる」ことが最大級のメリットのひとつだったりします。

 

例えば群馬県をマリンスポーツの聖地にしようと考えたところでそれは確実に不可能なことです。(海がないので)

 

どこでもできるeスポーツをあえてあるひとつの地域の特産にするには。

自分なりにいくつか案を考えてみたのですが、そのひとつとして「人にフォーカスする」のはどうかと考えました。

 

例えばあるeスポーツプレイヤーがいて、その人が地域の魅力を発信する活動もしたら

その人を通じて"eスポーツ"と"地域"がつなげられるのではないだろうか。

 

そして、今までハースストーンやeスポーツに関するブログ活動をしてきた経験を活かして自分がそのような活動をする人を目指したいと思いました。

 

同時に今までは外に目を向けて出かけることをしてこなかったが、地元群馬のいいところを自分で直接見て体験するようにしようと思いました。

 

以上が、この記事のタイトルに記した活動をしようと思った経緯です。

 

第4章:活動内容

それでは具体的にどのようなことをしているのか紹介します。

興味を持っていただけたら各種アカウントをフォローしていただけるとうれしいです。 

 

Instagramでは群馬の写真や観光に出かけた様子を投稿。

https://www.instagram.com/doordoor_gunma


YouTubeではデジタルカードゲーム「ハースストーン」をテーマに動画投稿&配信活動中。

https://www.youtube.com/channel/UCWw3YIDyKtzo8mcRIUEy44A

 

Twitterでは群馬の写真やハースストーンに関して投稿。

https://twitter.com/doordoor_hearth

 

ブログではTwitterやInstagramでは記載しきれない撮影の様子、撮影地の紹介、eスポーツに関して思ったことなどを記事にして投稿。

https://www.doordoorgame.com/

 

~おわりに~活動を存続させるために……

これまでに記したコンテンツ制作を事業として独立して行うことを最終目標としています。

しかし残念ながら、十分な収益がでるまでには程遠い状況です。 

 

そこで、この活動に興味をもっていただいた方から協賛をお願いしたいと思っています。

協賛の募集はnoteのクリエイター支援機能を使わせてもらいます。

↓こちらのリンクからお願いします。

note.com

いずれかの投稿記事を開いて、「気に入ったらサポート」から入金をお願いします。

(サポートの方法→記事をサポートする – noteヘルプセンター)

 

支援には金額設定などはありません。100円でも1円でも丁重に受け取らせていただきます。

またnoteでも不定期ですが群馬で撮影した写真の投稿をしますので、フォローをお願いします。

 

以上長くなりましたが、読んで頂いた方はありがとうございました。